ブログBlog

Blog

茎ふせ法による苔(コケ)の増やし方【解説】

茎ふせ法でコケを増やすための方法を解説します。

茎ふせって?

茎伏せ

茎ふせは、コケの茎を横に寝かせて、新芽をいっぱい出して、株を増やす方法です。ヒノキゴケや、コウヤノマンネングサ・スギゴケの仲間など、茎の長い種類を増やすのに向いている方法です。

 

ヒノキゴケを茎ふせで増やす場合の手順を解説します。

作業手順

茎ふせ

1、茎が長めのヒノキゴケを用意して、一本一本に分け、土など汚れを落とします。

 

先端を切る

2、ヒノキゴケの先端(成長点)を、ハサミで切り落とします。成長点を止めることで、脇芽の成長を促します。

 

茎ふせ

3、ガラス容器に苔テラリウム用SOILを敷き、水で湿らせたら、ヒノキゴケを寝かせるように並べます。茎とSOILが密着した状態にするのがポイント。浮いてしまうときは指で強く押し付けます。

 

茎ふせ

茎ふせ

4、霧吹きでよく湿らせて完成。

 

 

経過観察

茎ふせ経過

作製直後

ヒノキゴケが横に寝かされた状態

 

茎ふせ経過

約60日後

気温など環境にもよりますが、30日程度で芽吹き始め、60日程度でしっかりとしたコケの形になります。

 

まとめ

葉を使った撒き苔法と比べると、太い芽が出やすいので、早くコケを成長させることができます。ヒノキゴケやコウヤノマンネングサ・スギゴケの仲間など、茎が長く、茎から新芽が発生しやすい種類に適した方法です。

 

●他のコケの増やし方については、こちらの記事をご覧ください。

コケの増やし方まとめ

 

作業に使った道具や用土・ガラス容器は、こちらのサイトで販売しています。

▶苔テラリウム専門ショップ 道草michikusa

Pagetop