ブログBlog

Blog

ルーペでコケをのぞいてみよう!苔観察におすすめのルーペ紹介。

苔を一歩深く楽しむために、必須のアイテムが「ルーペ」。遠くから見ると緑のカタマリだった苔も、ルーペを通せば生き生きと個性的な姿をあらわします。

ルーペで見る苔の魅力と、おすすめのルーペやルーペの使い方をまとめました。

 

苔の魅力はミニチュアの世界

コケの森

コケの魅力といえば、なんといっても、小さな森のようなミニチュアの世界。

大きな森の足元には、小さな苔の森が広がっています。

小さな体になって、苔の森を散歩してみたい…。そう思ったことのある人も少なくはないはずです。

まずはコケ目線で覗いてみよう

コケ目線

コケを観察に出かけたならば、まずはコケの目線になって、苔の森をのぞき込んでみましょう。

肉眼で見ても、しゃがみこんで、這いつくばって、コケの高さで横からのぞき込むと、上から見ていたものとは全く違った世界が広がります。

ヒノキゴケやスギゴケはまさしく、木々のように見え、ゼニゴケの雌器托はヤシの木ように、タマゴケはふかふかの草原のように。

どんどんと、苔の森へ入り込んで行きたくなるはずです。

ルーペを使って更に入り込んでみよう

コケ観察

更に奥深く入り込み、ミニチュアの世界を演出してくれるのが、コケ観察のマストアイテム「ルーペ」。

コケの名前はわからなくてもよいので、ルーペを使ってのぞき込んでみましょう。肉眼で見ていたのとは、全然違った世界が広がってきます。

ルーペでコケを覗く魅力にはまった人は、もうコケの沼から抜け出せなるはずです。

苔テラリウムも、ルーペで覗いてみよう

ルーペ覗く

ルーペは野外観察だけのツールではありません。自宅で苔テラリウムを育てている人は、ルーペを使ってのぞき込んでみましょう。

いつもとは違った世界が広がります。塊ではなく、一つ一つのコケの姿の愛らしさに気がつきますよ。

どんなルーペを選べばいい?

ルーペ色々

ルーペといっても種類はいろいろ。

どのくらいの大きさに拡大してくれるかを表す「倍率」をチェックしましょう。

少し拡大して見るだけならば、3倍程度のルーペや虫眼鏡でもOK。100円ショップやホームセンターで販売されています。

本格的に苔の森に入り込みたいならば、10~15倍程度のルーペを使いましょう。コケの葉一枚一枚や仮根の生える様子まで観察できます。

また、図鑑を見ながら種類を判別する場合にも、高倍率のルーペが必要になります。

 

おススメはVixenメタルフォルダルーペ(10倍)

ルーペ

野外へ持ち出す機会が多い人は、Vixenのメタルフォルダルーペがおすすめです。(道草も愛用してます)

Vixenは望遠鏡や双眼鏡を作っているメーカーなので、レンズの品質も間違いなし。ルーペを収納する部分は金属製(メタルフォルダ)なので、しっかりレンズを守ってくれて、野外でも安心です。

 

愛用しすぎて、Vixenルーペ用のストラップも企画して作ってしまいました!首から下げておけば、なくす心配もありません。

購入はこちらから
「Vixenメタルフォルダールーペ10倍ストラップset」

ストラップ付ルーペ

ルーペの使い方

高倍率のルーペは、ピントを合わせるのにコツがいります。

ルーペを動かしてピントを合わせがちですが、それだとなかなかうまくピントが合いません。これルーペ初心者はやってしまいがち。

ルーペの見方

まずは、ルーペと目の位置を眼鏡くらいの距離で固定します。結構近い!

ルーペの見方2

次に、被写体(コケ)に向かってピントが合うまで、ぐ~~っと近づきます。ルーペだけではなく、自分が近づくのがポイント。目とルーペの距離は合わせたまま近づきましょう。

ぐーっと近づいたところで、ピントが合います。

◆理科の授業でもやったと思いますが、ルーペを使って太陽を覗いたりしちゃダメですよ!(本当に失明する危険性があります)

 

ルーペの見方4

コケの位置までしゃがみ込めないときには、少し摘み取って、見やすい位置で覗いてみましょう。

見終わったコケは、元の場所に戻してあげましょう。コケは根がない植物なので、しっかり押さえつけておけば、再び定着してれます。

◆野外で観察するときは、ルールやマナーを守ってね。

 

これであなたも苔マスター!

コケガール

さあ、ルーペでコケを覗いてみましょう。ルーペと苔図鑑があればあなたも苔マスターの仲間入りです。

コケの魅力は、育てるだけでなく、身近な野外で観察できたり、ルーペを使って小さな世界に入り込んだりできること。

部屋で育てている苔テラリウムに入り込んでみるもよし、公園や山へ出かけてコケトリップしてみるもよし。

ルーペでのぞくコケの世界をぜひ楽しんでください。

Pagetop