ブログBlog

Other

【第2回 苔を食べる会】ジャゴケ・アルコールとスイーツへの挑戦!

第1回ジャゴケ料理試食会から約2ヶ月。

早くも、第2回ジャゴケ料理試食会が秘密裏に開催された。

 

前回ジャゴケを調理してみてわかったのは、ジャゴケの香りはハーブのような爽やかさがあること。

これはドリンクやスイーツへの応用ができるのでは?ということで、今回のテーマは『アルコールとスイーツ』であります。

 

テラリウム栽培ジャゴケと天然ジャゴケの違い

今回用意したジャゴケはこちら。

テラリウム栽培したものは、ひょろ長く成長。細胞が柔らかくなっているのか、香りが強く感じられる。

鉢植え栽培のもの。色・ツヤ・形、程よく美し。

 

宮崎産天然もの。ワイルドだろ~

 

自然から採取したものと栽培品では見た目もこんなに違うことに、一同驚き。

普通なら色々な苔を用意してコケ比べをするところだろうが、色々な環境で育ったジャゴケを比べるというなかなかディープな試みだ。

テラリウム栽培のジャゴケは香りもフレッシュ。繊維質もやわらかめで食べやすい(気がする)。

 

ちなみにジャゴケといっても、タカオジャゴケ・オオジャゴケ・ウラベニジャゴケの3種類があるらしい。

そして、今回調理したものはオオジャゴケ(前回参加のYさんが同定報告してくれました)。

その辺ちゃんとやっていく感じが、専門的な会っぽくてとてもよい。

 

 

香りをアルコールに抽出する

前回調理してみてわかったことのひとつが、ジャゴケの香りは熱に弱いということ。フレッシュなハーブのような香りは、加熱するとはかなく消えてしまうのである。

この香りをどうやって抽出するか?というのがジャゴケ料理の課題。前回アルコールに漬けたものに可能性を感じたので、今回はいろんなジャゴケをいろんなお酒に漬けてみる実験。

 

ホワイトリカー、ホワイトリカー+砂糖、ウォッカ、ジンなど。ジャゴケも天然もの、栽培もので比較する。

オーソドックスなホワイトリカー+砂糖が一番飲みやすい感じ。ジンのように香りが強いお酒はあまり向かないようだ。

天然ものと栽培もので大きく差があることも判明。天然ジャゴケは土っぽいようなワイルドな香りが強い…。ジャゴ酒のスキルも徐々に上がっている。

 

香りをシロップに抽出できるか

スイーツ試作では、ジャゴケの香りをシロップに抽出できないか?も試作したのだが、こちらはあまりうまくいかず。やっぱりアルコールの方が抽出されるのだな。

ジャゴケを漬けたアルコールを「ジャゴリキュール」としてスイーツに使用する方向へ。

こちらはジャゴ寒天の準備。

ジャゴケはこの向きに切った方が綺麗に見えるとか…切る方向まで研究を!

(調理担当のおふたりは、この会の前に試作会まで開催しているのだ)(確かに、普通にない本気具合と言われても不思議ではない)

寒天にまぜまぜ。

なんか綺麗じゃん。普通に涼しげなスイーツ感。

 

さて次はジャゴケ―キの準備。

クリーム泡立て。

当初はクリームにジャゴリキュールを混ぜ、ジャゴクリームにする予定であったが、クリームの味にジャゴケの香りが負けてしまうことが判明。

スポンジにリキュールをしみこませる。大人な雰囲気のデザートに。

 

ジャゴデザート・和洋で2種。
左:ジャゴケケーキ 右:ジャゴケあんみつ

上に湯通ししたジャゴケをトッピング。

どうどう?このクオリティの高い感じ。

花カフェをやっておられた女子2人との企画なので、この辺の準備が流石なのである(苔おじさんは怪しい材料の準備に徹すればよいのだ)。

 

試食会は、まったりと。

というわけで、今回の試食会はこんなメニューで。

ディープなコケ好きさんを集め、ジャゴケ料理に舌鼓。

 

竜田揚げ・おむすび・ぺペロンの様子は、前回の記事をご覧ください。

▶【第1回 苔を食べる会】ジャゴケを食べる?!

 

ジャゴ酒は牛乳割りもイケる。カルーアミルク的なカクテルが好きな人は好きな感じ。

 

ジャゴ酒を飲みながら、次回の展望を考える3人。

え?次回?

コケ好きなら一度は憧れる、MOSS(モス)バーガーをやりたいな。

 

(開催日:2017年4月9日)

おまけ:このとき参加者にプレゼントしようと発注したI Love moss缶バッジ。(翌々日に届きました 苦笑)ハートはジャゴケです!

 

*注意*
どんなコケでも食べられるわけではなく、有毒のものもあったり、一緒に自生している地衣類や菌類に毒がある場合もあるので、むやみに食さないようにして下さいね。

 

コケを食べる会の活動をもっと知りたいと思った方は、こちらの記事もご覧ください。

▶「コケを食べる会」活動まとめ

Pagetop