お問い合わせ

ブログBlog

Blog

水槽にバックスクリーンを貼る方法【苔テラリウムテクニック】

水槽で作る苔テラリウムには、バックスクリーンを使うと背面も美しく魅せることができます。

気泡が入らないよう綺麗に貼るのはコツがいります。綺麗に魅せるためにバックスクリーンを用意したのに、気泡だらけになったり、傷だらけになってしまったらちょっと嫌ですよね。

水槽に貼るバックスクリーンを、きれいに貼る方法について解説します。

 

水槽にバックスクリーンを貼る:用意するもの

・水槽用バックスクリーン

・中性洗剤を1%加えた水

・霧吹き

・スキージー(空気抜き用のヘラ)

バックスクリーンはそのままシールで貼るタイプのものもありますが、中性洗剤を加えた水で貼るタイプのものがおすすめ。空気が入りにくく綺麗に貼れます。

スキージー

スクリーンに傷をつけないように、フェルトが付いたスキージーを用意しておくとよいです。シリコンヘラやプラスチック定規でも代用可能。

 

 

バックスクリーンの貼り方:手順

1、バックスクリーンを水槽サイズにカットする

カットする

2、ガラス面を綺麗にふき取る

ふき取る

小さなホコリが入ると気泡の原因になります。

 

3、接着面のシリコンを削って平らにする

シリコンを平らに

シリコンが盛り上がっていることがあります。削って平らにしておきましょう。

4、ガラス面に水(中性洗剤1%入り)を吹きかける

水を吹きかける

5、台紙から剥がしながら、バックスクリーン接着面にも水を吹きかける

台紙を剥がす

6、角をあわせ、ゆっくりと貼り付ける

角を合わせる

7、スキージーを使って気泡を抜く

気泡を抜く

間の水を押し出す要領で、入った気泡を抜きます。

8、水をふき取り完成

ふき取る

完成

 

バックスクリーンを使いたいシーンは?

粗隠しをしたいとき

粗隠し

活着君などで背面に創作をして、裏から見たときにテープや接着剤などの粗が見えてしまうときに役立ちます。

普段見えない裏側も美しく仕上がておくことで、作品のグレードが一段階あがります。

 

植物の姿を際立たせたいとき

背景を作って、中の植物を際立たせたいときにバックスクリーンの使用は有効です。特に黒色のバックスクリーンを使うとコケの緑が引き立ちます。

ただし、背面から光が入らなくなるので、LED照明を使うなど光不足を補う工夫が必要です。

 

 

バックスクリーンの使い方をマスターし、ぜひ水槽作品に取り入れてみてくださいね。

 


苔テラリウムの栽培相談は公式LINEにて受け付けています。お得な情報も配信していますので、ぜひご登録ください。

苔テラリウムの作品や材料の購入はこちら

バナー

Pagetop