ブログBlog

Blog

「部屋で楽しむ小さな苔の森」出版記念パーティ!コケを食べるお披露目会

2019年8月、道草が手掛けた苔テラリウムガイドブック「部屋で楽しむ小さな苔の森」(家の光協会)の出版記念に、関係者向けに小さなパーティーを開催しました。

パーティーのメインはジャゴケを使ったコケ料理のフルコース!!

ということで、今までのコケ料理をお披露目するべく、パーティーメニューを準備することに。

 

ジャゴケ満載!当日のメニュー。

これが当日の本気メニューです。ジャゴケマークが入っているのは「ジャゴケ入り」。

今回は、”コケは入っていないけど苔っぽい”メニューも新たに考えました。パーティーなので写真映えもしないとね。

ドリンクコーナーには、何気なくジャゴケ入りの氷があったり。トッピングジャゴケがあったり。

ジャゴケ入りの氷は見た目にも涼やか。

 

ブラッシュアップされたジャゴケ料理たち

ジャゴケメニューは今まで試作を繰り返してきた中で評判のよかったペペロンチーノ、モスバーガー。

ジャゴケを練り込んだバンズを応用して、ジャゴケ入りのフランスパンも焼いてもらいました。

ジャゴケ入りのバターを添えて。

みんなお楽しみ、モスバーガーもミニセットで提供。

てんやわんやで全然写真が撮れていませんが…。ミニモスバーガーとフライドジャゴセットに大盛り上がりでした。

 

デザートにはジャゴケ入りの寒天と白玉であんみつ。

…いつものやつなのですが、パーティーなので特別に!

寒天培地風に、シャーレに入れて固めました。出した瞬間のお客さんのどよめき…!(理系の人はニヤニヤしちゃうやつ)

白玉と白蜜を自分でトッピングして召し上がれ。味は普通に美味しいですよ。

 

新作は「苔っぽい料理」

パーティーなので、見た目にもコケ感のあるものを…と思い、メインディッシュはカジキの苔庭風。

緑色にしたパン粉をまぶしてグリルします。中にはトマトも入っていてジューシーな仕上がり。コケは入ってません。

もうひとつは、マッシュポテトの苔玉風。通称「こけだまッシュ」。

一口サイズにまるめたマッシュポテトに、野菜由来の粉末をつけて苔玉風に仕上げました。マッシュポテトはチーズ入り、中には角切りベーコンも入っていておつまみにも美味しい味。ちゃんと美味しく作る!が我々のモットーなのです(くいしんぼう)

このこけだまッシュ、けっこう作るのが楽しかったので、当日パーティ会場でプチワークショップをすることにしました。

 

苔玉ッシュ作りワークショップ

それでは、自分だけの!マイこけだまッシュをつくっていきましょう。

ほうれんそうパウダーとブロッコリーパウダー、2種類の濃さの緑色パウダーの使い方がポイント。

指で優しくトントンと付けていきます。淡い緑色パウダーは苔むした岩にちょっと地衣類が混じっているイメージ。

さすがコケ好きな参加者たち。自然界のコケと地衣類を思い描きながら、クオリティの高いこけだまッシュを制作していました。

 

そんなこんなで数時間、ジャゴケ料理とお酒と楽しいコケトークにまみれ、楽しいパーティーとなりました。

無事に本が出版できたのもみんなのおかげ!ありがとうー!

参加者の方々には、ジャゴケ料理についてのアンケートもとらせていただきました。次回料理への参考にします!(あくなき探求心)

 

コケを食べる会の活動をもっと知りたいと思った方は、こちらの記事もご覧ください。

▶「コケを食べる会」活動まとめ

 

当日参加してくれたライターさんが、パーティの様子を記事にしてくれています。こちらもどうぞ。

▶コケを食べる!?「部屋で楽しむ小さな苔の森」出版記念パーティーのメニューのテーマは「苔」

▶苔喰む人々

 

Pagetop