苔のことAbout Koke

シノブゴケ

上部開放型容器で育てやすい種類(蘚類)

シノブゴケ

シノブゴケ/忍蘚

【蘚類シノブゴケ科】

林床の湿った倒木上に自生しており、マット状にひろがる。繊細に枝分かれする姿が美しく、小さなシダのようにも見える。仮根が発生しやすいので、着生として楽しむこともできます。

【栽培のポイント】
・乾燥に弱いので、極端な乾燥を繰り返すと、葉先が枯れやすい。

・密閉容器だと徒長して、マット状に育ちにくいので、マメに換気するか、通気がある上部開放容器で育てると育てやすい。

【苔テラリウム作品例】
気密性が高いと、細く徒長しやすくなるので、口のあいている容器を選ぶと育てやすい。ただし、シノブゴケは乾燥にも弱く、極端な乾燥を繰り返すと、葉先が茶色くなりやすいため、深さがあって、口が狭くなっている容器を選ぶのがよいでしょう。

シノブゴケ

▶シノブゴケの購入はこちら

Pagetop