苔のことAbout Koke

ホソバオキナゴケ

密閉型容器で育てやすい種類(蘚類)

ホソバオキナゴケ

ホソバオキナゴケ/細葉翁蘚

【蘚類シラガゴケ科】

盆栽などの装飾に利用され「山ゴケ」の名前でも流通しています。杉の根元などに自生しています。空気中の湿度を好みますが、コケの塊が常に濡れた状態になるのを嫌います。苔テラリウムとしては育てやすく初心者向けです。成長はゆっくりなので、のんびりコケと向き合いたい方にお勧めです。

【栽培のポイント】
・水を与え過ぎないように注意しましょう。
・濡らし過ぎず、湿度を保ってあげるのがコツです。

【苔テラリウム作品例】
背丈があまり高くならないホソバオキナゴケは、低めのかわいらしい容器に植えるとみ映えがします。他のコケと寄せ植えする場合も、他のコケを邪魔しにくいので全景やベースに植えるのに適しています。ホソバオキナゴケテラリウム

▶ホソバオキナゴケの購入はこちら

Pagetop