お問い合わせ

コケ図鑑Koke Dictionary

タチゴケ/ナミガタタチゴケ

通気のある容器で育てやすい種類

 

ナミガタタチゴケ

ナミガタチゴケ/波形立蘚【蘚類スギゴケ科】

湿った土を好み、公園や寺社で見かけることも多いです。波打つ葉が特徴で、スギゴケと比べると葉が透き通っています。乾燥すると葉が丸まり、細長いサクも特徴的。

ナミガタタチゴケ

【栽培のポイント】
・フタなし、または通気のある容器で育てるとよい。
・土をつけて植え付けると、カビの発生や虫の混入トラブルが発生しやすいので、よく洗浄してからテラリウムにします。
・茎の途中から白い仮根が発生し、カビと誤解することがある。ルーペで覗いて茎から出ていたらカビではなく仮根。

【作品例】
・高さはそれほど高くならず、こんもりと生長する。横にも広がりやすいので、ゆとりをもって植え付ける方がよい。

タチゴケ作品

All

Pagetop